ケトスリムとCコーヒー(シーコーヒー)を徹底比較!どちらがオススメ?

ケトスリム cコーヒー 比較比較

バターコーヒー・ケトスリムとよく比較されるコーヒーとして、Cコーヒー(シーコーヒー)があげられすが、

「どちらを買おうか迷っている」という方も多いようです。

 

今回は、ケトスリムとC COFFEEの

・成分の違い

・ダイエット効果などの違い

等を徹底比較した上で、どちらがオススメなのかということについてまとめていきます。

 

ちなみに結論から先に述べると、多くの項目を徹底比較した結果、ケトスリムの方がシーコーヒーよりもオススメすることができます。

当サイトからの購入で数量限定72%オフ!

↓   ↓   ↓

ケトスリムを限定価格でゲットできるのは今だけ!

72%オフキャンペーンの詳細はこちら1回だけ受け取って解約してもOK

在庫残り僅かなので早めに詳細をチェック

 

ケトスリムとCコーヒーの共通点

まずケトスリムとCコーヒーの共通点としては、

どちらも置き換えダイエットとして取り入れるコーヒーである」という点です。

 

具体的には普段の朝食や感触をケトスリムあるいはCコーヒーに置き換えることで、

普段よりもカロリー摂取量を減らしつつも満腹感を感じる。

その結果としてダイエット効果を期待する、というものです。

 

しかし、ケトスリムとCコーヒーは望む結果は同じ”ダイエット”でも、

成分やダイエットに至るまでに作用する効果・仕組みが大きく異なります。

 

ここからは、ケトスリムとCコーヒーはどういうところが違うのかということについて見ていきます。

 

ケトスリムとCコーヒーの違い

まずケトスリムとC COFFEEは、

・ケトスリム→バターコーヒー

・シーコーヒー→チャコールコーヒー

ということで、同じダイエットコーヒーでもカテゴリが異なります。

 

これだけでは分からないと思うので、もう少し詳しく掘り下げていきます。

 

成分・効果の違い

ケトスリムとシーコーヒーで大きく異なる成分としては、

・ケトスリム→グラスフェッドバター

・シーコーヒー→活性炭(チャコール)

が挙げられます。

 

ケトスリムの効果でも書いていますが、ケトスリムに含まれるグラスフェッドバターは、牧草だけを食べて育った最高ランクの牛から作られる高級バターで、

・中性脂肪を減らす

・血液をサラサラにする

・基礎代謝量をアップさせる

という効果を期待することができます。

 

対してシーコーヒーに含まれるチャコール(活性炭)は、文字通り炭で、体内で吸収されることで毒素を排出してくれるデトックス効果を期待できるとされています。

 

どちらもダイエット目的で取り入れるコーヒーではあるものの、本格的なバターコーヒーであるケトスリムの方が成分としては高級で、

「これまで中々痩せられなかった」という人はケトスリムの方がダイエット効果を実感できている人が多いようです。

 

飲みやすさの違い

どちらも粉をお湯などに溶かすだけでできる簡単なコーヒーではありますが、

実際にどちらも飲んでみた筆者としては、ケトスリムの方が美味しく飲みやすいコーヒーでした。(もちろんそれぞれの好みはあります)

 

ケトスリムはまろやかさもあり濃厚なカフェラテを飲んでいるような感じで、

一方シーコーヒーはケトスリムよりもインスタント感が強い印象を受けました。

 

私はコーヒーがかなり好きなので、私のようなコーヒー好きからするとCコーヒーは物足りなさを感じる人が多いと思います。

 

安全性の違い

ケトスリムもCコーヒーも、過剰摂取をせず適度に飲む分には基本的に副作用が起こる心配はありません。(特定の成分にアレルギー等がある場合は別です)

 

しかし、どちらのコーヒーも過剰摂取をしてしまうと、副作用が起きる可能性があるので、毎日の適量を守って飲むようにしてください。

 

例えば、シーコーヒーに含まれるチャコールには、過剰摂取をすることで「体に良い油まで吸収され極度の乾燥肌になる恐れがある」とされています。

またケトスリムに含まれるグラスフェッドバターには、過剰摂取をすることで「お腹が緩くなることもある」とされています。

 

ケトスリムやシーコーヒーに限らずあらゆる食品に言えることですが、「より効果を得よう」と思って必要以上に摂取してしまうのはやめておきましょう。

当サイトからの購入で数量限定72%オフ!

↓   ↓   ↓

ケトスリムを限定価格でゲットできるのは今だけ!

72%オフキャンペーンの詳細はこちら1回だけ受け取って解約してもOK

在庫残り僅かなので早めに詳細をチェック

 

【結論】Cコーヒーとケトスリムはどちらがオススメ?

成分や作用する効果などを比較した上で結論づけると、個人的にはケトスリムの方がダイエットコーヒーとしてオススメすることができます。

 

ケトスリムはお湯だけでなく、豆乳や紅茶で溶かしてみたり、はちみつを入れてアレンジしてみたりと、色んな楽しみ方ができるので、

楽しみながらダイエットコーヒー生活をすることができます。

 

また、自分でバターコーヒーを作るとなると手間も材料も費用もかかり面倒くさいですが、

ケトスリムだとお湯に粉を溶かすだけでできて値段も手頃!

 

今なら期間限定の割引キャンペーンが実施されているので、気になる人は早めにチェックしておいてください。

当サイトからの購入で数量限定72%オフ!

↓   ↓   ↓

ケトスリムを限定価格でゲットできるのは今だけ!

72%オフキャンペーンの詳細はこちら1回だけ受け取って解約してもOK

在庫残り僅かなので早めに詳細をチェック

 

 

タイトルとURLをコピーしました